名古屋市のダイビングスクールの特徴について

これからダイビングを始めてみようと思ったとき、まず必要になるのがCカードと呼ばれるダイビングのライセンスカードです。Cカードなしで海に潜ることは日本の法律で禁止されているわけではありませんが、知識のないまま海に潜るのは大変危険な行為です。そのため、Cカードを持っていないと本格的なダイビングに参加できないことがほとんどです。Cカードを取得するためには、ダイビングスクールなどで講習を受ける必要があります。ダイビングスクールは名古屋市にもいくつかあり、駅から近いところも多いので気軽に通うことができます。ダイビングスクール選びは、Cカード取得後のダイビングライフにも影響してくるため、自分にあったスクールを選ぶことが大切です。また、Cカードはダイビング指導団体がそれぞれに発行しており、取得したカードによってダイビングできる条件や範囲が異なるため、スクールを選ぶ際に確認しておきましょう。

ダイビングスクールは金額ではなく、内容で決める

ダイビングスクールを名古屋市で探すとき、最初に気になるのはライセンスの取得にかかる費用かと思いますが、それ以上に、どのような講習が受けられるかが大切になっていきます。基本的には、受講してすぐに実践練習するのではなく、数時間の座学でダイビングの知識やルール、器材の名称や使い方を勉強します。その後プールでの実習を通して、器材のセッティングや装着、呼吸法などを実際にやってみることで、ダイビングの基礎を身に着けます。知識と基礎が身についたところで、いよいよ海での実践練習に入ります。また、名古屋市のダイビングスクールは少人数制を設けているところが多いので、泳ぎに自信のない方でも個人のレベルに合わせた講習が受けられます。無料説明会やプールでの体験ダイビングを実施しているスクールもあるので、入校前に一度足を運んでみるのも良いでしょう。

ライセンス取得後のサポートにも注目

ダイビングはライセンスを取得して終わりではなく、むしろそこからが始まりです。Cカードを手に入れると様々なダイビングツアーに参加することができるようになりますが、ダイビングスクールによってツアーの種類や数は異なります。名古屋市のダイビングスクールでは、ダイビングツアーを種類豊富に取り揃えているところもあれば、ダイビング以外のイベントを開催していたり、海外でのダイビングツアーを開催しているところもあります。また、ライセンスを苦労して取得してもしばらく潜っていないとブランクができてしまうため、ツアーに参加する時間がなかなか取れないという方は、練習用にプールを開放しているスクールも視野に入れておくと安心です。自分がどのようなダイビングライフを送りたいかで、どのスクールに入るかが決まるので、ライセンス取得後のサポートについても入校前にしっかりチェックしておきたいところです。