名古屋市でダイビングスクールを探す効率的な方法

ダイビングスクールを名古屋市で探していますか?人口の多い街ではダイビングスクールの選択肢も多いですね。ここでは、ダイビングスクールを選ぶ時に気を付けるポイントをまとめます。まず、ダイビングスクールは遊び場ではありません。経営を一つの目的として運営されています。さらにダイビング初心者はインストラクターに命を預けることになるので、教える方は責任をもって指導にあたります。とにかく安いところが良い、という探し方は危険かもしれません。他の店舗と比べてあまりにも安価な場合、その損失の補填はどこで行われるのか考えてみましょう。入会した途端、高価な器材を強制的に購入させられるかもしれません。あまりにも高すぎたり安すぎたりするスクールはよく調べることが必要です。楽しくダイビングをするために、信頼できるスクールを探していきましょう。

器材をレンタルするのは良くないのか

ダイビングスクールではダイビングに使う器材のレンタルと販売が行われています。器材をレンタルするメリットは、ほとんどの場合費用が少なく済むこと、管理を自分でやらずにすむことです。デメリットは毎回違う器材を使うと操作に慣れにくいこと、スクール以外でダイビングをする時に器材を別のところから調達しなければならないことです。ダイビングを長く続けるのならば、最初に自分専用の器材を購入して使い慣れて行く方が長期的に見てコストパフォーマンスが高くなります。自分の生活スタイルに合わせて選びましょう。レンタル代も、あまりに安すぎるのは避けた方が賢明です。きちんと管理するには費用がかかりますし、とは言って器材を購入させるために過剰に釣り上げているスクールも問題です。名古屋の方なら、静岡まで足を伸ばせば器材レンタルを行うダイビングショップを利用できます。

ダイビングスクールを選ぶ時に確認すること

名古屋に限らず、ダイビングスクールがキャンペーンを行うのは主に冬季です。暖かい時期に探し始めて、気になるスクールに目星を付けておきましょう。寒くなり客足が遠のく季節にキャンペーンが始まった時がチャンスです。スクールではライセンス(Cカード)を取得できますが、その種類も確認が必要です。「スクーバダイバー」とは必ずプロに引率してもらうことを条件に12mまで潜れるライセンスです。講習内容が少なく安価で取得できますが、自由度が低いので気をつけましょう。ご友人などとダイビングに行かれる予定ならば「オープン・ウォーター・ダイバー」以上の講習を受けると便利です。良心的なスクールであれば、ウェブサイト上に詳細な料金や講習の内容が掲載されています。ツアー代とレンタル代が明確に表記されているか確認してください。実際に店舗へ行ってみて、サイトの内容と違うと思ったら一旦契約を思いとどまりましょう。