名古屋のダイビングスクールのインストラクターについて教えます

ダイビングを楽しんでいきたいなと思った時に、必要となるのがライセンスの取得です。そのライセンスの取得には、それなりの時間と費用が必要になります。費用もさまざまで、教材費、講習料金、レンタル料、資格申請料、保険料、宿泊時は宿泊代となります。日程や講習人数、海の近くかどうかなどでも違ってきます。またダイビングショップとダイビングスクールでは、力を入れているサービスが違うので、それぞれの強みや特徴があります。ショップと言われる所は、ライセンスを取得でき、ツアーの開催や機材の販売を主に行っています。スクールは、ライセンス取得や、スキルアップに力を入れている場合が多いです。せっかくライセンスを取得したのに、ペーパーになってしまってはもったいないので、取得後も続けていけるかも重要なポイントです。今回は名古屋でダイビングスクールを探す方法と、インストラクターについて紹介します。

名古屋で良いダイビングスクールを探す選び方とは

ダイビングライセンスの取得には、学科講習やプール実習、海洋実習などいくつかのステップを経る必要があります。基礎から学ぶのに、スクールの質が重要になってきます。ライセンス取得後も通うことになるので、自宅や職場の近く、交通の便がよい場所がいいです。ダイビングスクールの経験、インストラクターのダイビングの指導経験が非常に重要です。スクール運営の歴史や在籍インストラクターの数などが目安になります。まずは電話や足を運び、申し込みの前にスタッフの対応の良し悪しを見てみるといいです。指導団体によっては加盟店のランクを表示していることもありまし、平成27年度からは公的社団法人 日本レジャーダイビング協会が「標準ダイビング事業者」という認定制度を作りました。利用者が安全にダイビングを楽しめる場を提供できる事業者を、客観的に評価して認定する制度なので名古屋内で選ぶポイントにいいと思います。

ダイビングスクールのインストラクターさんについて

ライセンス取得や体験してみたい人を指導する職種です。日本国内では、ダイビングを楽しんだり、指導するにあたり必要な法的規則や公的な規則はありません。しかし、適切な技術を身につけていないと命に関わる重大なトラブルが発生しかねないものです。そこで現在は、さまざまな民間の団体がダイビングに関わる技術を証明する資格や、インストラクターとして活動する資格を作っています。ダイビング用機材の貸し出しやダイビングの手配を行うショップでも所属団体の認定資格の提示を求められるので、その認定資格をサポートし、ダイビングの技術を教えてくれているのがインストラクターです。資格認定後ダイブの経験が100以上であるなどの経験実績や、座学、筆記試験、実技試験などが必要なので、きちんとした過程を踏まえてから名古屋のダイビングスクールのインストラクターをしている信頼できる存在です。